garagephotoUST

Latest entries

日本政府は国民の声を聞かない。The Japanese government does not hear the people’s voice.

2013年12月5日。 参議院委員会で特定秘密保護法案が与党の強行採決された。 国会議事堂の外には数千人の市民が集まり抗議集会を開いていた。 日本国政府は国民に情報から遠ざけ、国民の知る権利を奪うだけではなく、 国民を独 […]

南三陸町志津川漁港の牡蠣剥き倉庫で、小松美佳ミニライブ開催。

皆様、あけましておめでとうございます。 新年ですから少しでも明るい話題をと考えておりました。 昨年末、12月27日、南三陸町志津川漁港に新設された牡蠣剥き場とそこに併設された倉庫で、小松美香さんとゆうじさんのミニライブが […]

南三陸町。本格化する基礎部分の「見えない」コンクリート瓦礫。膨大な量の「見えない瓦礫」の掘り起こしと処理作業が始まった。中央奥は保存が見当されている防災センター。

2012年12月28日、南三陸町志津川にて撮影。 コンクリート瓦礫は粉砕しコンクリートとして再利用されるなどの処理がなされる。 鉄筋は鉄材として再生される。 しかし、その膨大な量を小さな自治体に背負わせるのはいかがなもの […]

俺たちは人間だ!ロヒンギャの叫びはスーチー女史にもビルマ政府に届かない。ポリティカルゲームだとロヒンギャは叫ぶ。

11月8日。在日本ビルマ大使館前で在日ロヒンギャが抗議行動を行った。 代表者が抗議文を直接大使館員に手渡そうとしたが鉄の扉は固く閉ざされたままだった。 有料メールマガジン http://www.agrico.org/to […]

ロヒンギャ難民代表はスーチーさんをどう思うか?との問いに「スーチーを信用できない。信じる材料が無い」といった。メルマガ購読はhttp://www.agrico.org/tomita/mel-maga/pey/01.html

Burmaese Rohingya Association in Japan chairman Mr.Zaw Min Htut said. I can’ot trust Suu Kyi.No material which […]

南三陸町志津川に咲くひまわり。ひまわりには青空と真っ白な雲が似合う。ひまわりの見つめる先は何も変わらない厳しい現実。しかし、人々はこの地から先に進もうとしていた。

7月21日、南三陸町戸倉上沢前にて。一軒だけ津波被害を逃れた家に郵便屋さんが通う。周囲の家は津波で流され誰も住んでいない。

7月21日、南三陸町志津川にて。丹精込めて育てられたバラが咲いていた。一昨年までこの庭を愛でていた人はお元気で暮らしておられるだろうか。背景の公営住宅は基礎部分だけになっていた。

7月10日。浪江町に崩れたまま残る石塀は「俺が何か悪いことでもしたのか?」と私に問うた。無残、無念、諦念、絶望の果てに未来を見る人々がいることを忘れまい。

7月10日、浪江町に入る。何も変わっていないどころか町の状況は深刻化している。手元の安物の線量計は5μSv/hを超える。原発被災地は忘れ去られるのか。

6月17日、南三陸町志津川袖浜沖の銀ザケ養殖筏にて。銀ザケが旬を迎えた。明後日出荷するため激しい雨の中漁師さんたちの作業は早朝4時30分から始まった。揺れる筏に乗り込みシャッターを切る。手がかじかむ。

6月26日から写真展「黄ぐまくん、被災地に行く」を開きます。黄ぐまくんのホームページはhttp://www.kigumakun.com 写真展の詳細は http://twipla.jp/events/24435

東北へ何度も何度も足を運んだ。 東京駅に着く度に、あまりの温度差に愕然とする。 同じ時間軸で生きているのに、これほど無関心でいいのだろうかと思う。 確かに、日本中が意気消沈する必要はなく、むしろそれは経済にとって、暮らし […]