1月31日、会津若松市野口英世広場。ひまわりプロジェクトで収穫したひまわり脂を燃料にしたイルミネーションをみた。

会津若松市民がつくるにまわりプロジェクトは、ひまわりを植えその脂を搾って燃料にしようとする計画。浜通りから2000人を超える被災者が会津若松に避難してきた。この被災者を少しでも暖かく迎え、ともに生きていこうとするのがひまわりプロジェクトの目的。
残念ながら野口英世広場のイルミネーションは31日で終わったけれど、温かな交流は続く。