2月11日。南三陸町にて。臨時雇用で、瓦礫の仕分け作業をする被災者。「仮設でボーっとしてるわけにもいかないしね」 寒風吹きぬけるなか、こごえながらの瓦礫撤去作業は続く。まったく、これからが本番なのだ。