2月12日南三陸町で撮影。寒風吹きすさぶ中、瓦礫は被災者の手によって丹念に選別される。木材、ビニール・プラスティック、金属。背後の瓦礫の山を小さな自治体に全部背負わせようとする意見には人として同意しかねる。

東日本大震災被災地で出た大量の瓦礫は、いまだに山積みされている。
それは、小さな自治体の手に余る量だ。
被災地の自治体は放射能検査をした上で引受先の自治体を探しているが、
市民の反対にあって難航している。
もちろん市民の側にも言い分はある。
放射能を拡散させて欲しくないというのがその言い分だ。
福島県内の瓦礫であれば当然そういった心配も必要だし、受け入れを拒否する理由にもなるだろう。
しかし、宮城県北部や岩手県の瓦礫まで拒否するというのは、被災地を見る物にとって理解しがたい。
苦しみを分かち合おうとする考えに立てないのだろうか。
災害は明日は我が身である。

A lot of rubble which came out in the East Japan great earthquake stricken area is still piled in heaps.
It is the quantity which is beyond control of a small town.
The town of a stricken area is looking for the underwriter’s town, after conducting a radioactivity inspection, but it faces rough going because of the acceptance opposition from the resident.
Of course, there is something to say also in the resident side.
It is the something to say that I do not want you to diffuse radioactivity.
If it is rubble in Fukushima, naturally such worries will also be required, and it will also become a reason for refusing acceptance.
However, it is hard for me who know a stricken area to understand refusing even the rubble of northern Miyagi and Iwate Prefecture.
Doesn’t it stand to the idea which tries to share pain?
A disaster is what chances to one man may happen to all.