福島県浪江町に入った

4月5日、11時過ぎ。浪江町大熊野付近に入る。福島第一原発が見える。直線距離10km以下。岩手、宮城の被災地と酷似した風景がそこにあった。14日以降、捜索活動が停止している。取材後相双保健所にて被爆線量測定。基準値100Kcpmのところ、1,5Kcpmとのこと。スクリーニングの必要は当然ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です