少しずつ、一歩ずつできることを積み上げて

東松島の現場に約1ヶ月ぶりに行った。何もかわっていないように見えた。しかし、確実に瓦礫は大型トラックが運び出していた。