浪江町に残ってサイレージを切る

1ヶ月後にはここを立ち去れと国はいう。牛を見殺しにせよと国はいう。ここに生きた証も、牛飼いとしていきた誇りも捨ててここを去れと国はいう。しかし、それでも、酪農家はサイレージを切り牛に与える。残された1ヶ月で何をどう決めろと国は彼らにいうのだろうか。考える材料も与えずに、国はここを去れという。それが果たして人命優先といえるのか。深く考えた。答えは見つからない。