チェルノブイリ市内に入ってすぐのところにある博物館の壁画。原子炉が爆発し燃料棒がコウノトリを刺し貫いている。思わずドライバーさんに止まれと命じた。