チェルノブイリ原発構内で清掃作業する女性たち。2週間勤務で2週間休暇という。ここの線量は1,5μSv/hくらい。マスクもしていないし、防護服も着ていない。福島の人たちの「慣れ」にも通じる。非常に危険。

放射能やら、放射線やら、メルトダウンやらメルトスルーやらちょっと前までは普通名詞でなかった言葉が当たり前になった。

つまり今更何いわれてもそれほど驚かなくなった。「慣れ」だ。

見事なまでの情報操作といわなくてはいけない。

チェルノブイリ原発構内の作業員と喫煙所で立ち話をした。

喫煙という習慣があってよかったなとチェルノブイリ原発でもたびたび痛感した。

全員線量計をガラスバッジをつけていた。

「ここは他よりも稼げるぜ。2週間働いて2週間休み。それで他の人よりずっといい給料だ。俺たち20年も働いている。問題はないね」

とのこと。

 

チェルノブイリ原発の模型を見た。石棺というのだからもっと頑丈かと思ったらタダのコンクリートの薄い壁だった。補強したからあと10年は大丈夫だと説明されてもなあ。

何度も係の人にこの縮尺は正確なのかと確認した。このコンクリート壁の熱さもこの見た目通りなんですねと確認した。「そうですよ」と胸を張る。私の単純な思い込みだったのだけれど、コンクリートで封じ込めるということはこういう脆弱なことだったのだなあ。

ずいぶんと「チェルノブイリ 石棺 構造」とググってみたが壁面の寸法などの情報には日本語ではたどり着けなかった。

ロシア語ならあるのかなあ。

 

チェルノブイリ原発のある街プリピャチは森の中にある街ではなかった。25年の時間は街を森に変えたのだ。見たくない風景だが目を背けている場合ではない。

チェルノブイリ緊急報告会開催。31日日曜日13時30分から。25年後のフクシマを見た。家は?人はどうなっているか。ツイッターでは語れない内容を徹底的にお話しします。ダウンロードお土産画像付き3000円 http://t.co/AWkkykE

 

チェルノブイリ市の目抜き通りには、なくなった村の「墓標」が130ほど立ち並んでいた。時折花を供えに元住民が訪れるのだそうだ。

チェルノブイリ緊急報告会開催。31日日曜日13時30分から。25年後のフクシマを見た。家は?人はどうなっているか。ツイッターでは語れない内容を徹底的にお話しします。ダウンロードお土産画像付き3000円 http://t.co/AWkkykE

チェルノブイリ市内にて。大きな道路から脇に一本入ると、25年前に棄てさせられた家々がある。原発事故で思い出が人生のすべてがそこでいったん止められた。福島の被害者の無念が重なる。

チェルノブイリ緊急報告会開催。31日日曜日13時30分から。25年後のフクシマを見た。家は?人はどうなっているか。ツイッターでは語れない内容を徹底的にお話しします。ダウンロードお土産画像付き3000円 http://t.co/AWkkykE

チェルノブイリ原発から30km周辺の道路には有刺鉄線が張られていた。有刺鉄線の内と外ではすべてが違った。しかし風景だけはなんの変化もなかった。

チェルノブイリ緊急報告会開催。31日日曜日13時30分から。25年後のフクシマを見た。家は?人はどうなっているか。ツイッターでは語れない内容を徹底的にお話しします。ダウンロードお土産画像付き3000円 http://t.co/AWkkykE