ビルマは民主化などされていない!9月27日はジャーナリスト長井健司氏がビルマ国軍兵士によって殺害された日だ。日本人は忘れても、ビルマ人は決して忘れない。


2007年9月27日。ビルマのヤンゴンの目抜き通りで僧侶による民主化を求めるデモを取材中に、
日本人ジャーナリストの長井健司氏がビルマ国軍兵士に狙い撃ちで殺害された。
日本国政府外務省は日本国民がビルマ国軍兵士に殺害されても、遺品であるビデオカメラも
ビデオテープも返却させようと本気で動いてはいない。
大手報道機関はビルマが民主化されつつあると、ビルマ政府のプロパガンダを流布している。
しかし現実は、民主化などほど遠い状態だ。
今日行われた集会で在日ビルマ人難民は、
2007年9月27日に虐殺されたの多くの僧侶や民間人・ジャーナリストの追悼すると同時に、
1 故長井健司氏の遺品の即時返還。
2 政治囚の即時無条件解放。
3 少数民族への弾圧、虐殺の即刻無条件停止。
4 民主化政党の即時合法化。
などを強く求めた。
在日ビルマ人難民はアルバイトを掛け持ちして得たお金を東日本大震災の寄付金として被災地に送ったり、
炊き出しや泥かきなどのボランティアを行ってきた。
日本に対する感謝の気持ちを表すためにだ。
ビルマ人は、長井健司氏を決して忘れはしない。
私たち日本人も、兇弾にに倒れた長井健司氏の死を決して忘れてはいけない。
写真は、堅く門を閉ざした在日本ビルマ大使館正門前に花を供え、長井健司氏の殺害されたときの写真を掲げる女性。
難民に対して日本国は冷たい仕打ちを繰り返してきた。
難民に冷たい国は自国民にも冷たい国である。
この国は一体どこにゆくのだろう。