チェルノブイリ原発のある街プリピャチは森の中にある街ではなかった。25年の時間は街を森に変えたのだ。見たくない風景だが目を背けている場合ではない。

チェルノブイリ緊急報告会開催。31日日曜日13時30分から。25年後のフクシマを見た。家は?人はどうなっているか。ツイッターでは語れない内容を徹底的にお話しします。ダウンロードお土産画像付き3000円 http://t.co/AWkkykE

 

チェルノブイリ市の目抜き通りには、なくなった村の「墓標」が130ほど立ち並んでいた。時折花を供えに元住民が訪れるのだそうだ。

チェルノブイリ緊急報告会開催。31日日曜日13時30分から。25年後のフクシマを見た。家は?人はどうなっているか。ツイッターでは語れない内容を徹底的にお話しします。ダウンロードお土産画像付き3000円 http://t.co/AWkkykE

チェルノブイリ市内にて。大きな道路から脇に一本入ると、25年前に棄てさせられた家々がある。原発事故で思い出が人生のすべてがそこでいったん止められた。福島の被害者の無念が重なる。

チェルノブイリ緊急報告会開催。31日日曜日13時30分から。25年後のフクシマを見た。家は?人はどうなっているか。ツイッターでは語れない内容を徹底的にお話しします。ダウンロードお土産画像付き3000円 http://t.co/AWkkykE

チェルノブイリ原発から30km周辺の道路には有刺鉄線が張られていた。有刺鉄線の内と外ではすべてが違った。しかし風景だけはなんの変化もなかった。

チェルノブイリ緊急報告会開催。31日日曜日13時30分から。25年後のフクシマを見た。家は?人はどうなっているか。ツイッターでは語れない内容を徹底的にお話しします。ダウンロードお土産画像付き3000円 http://t.co/AWkkykE